申請を行なう | 法律のプロフェッショナルである弁護士を依頼する時に必要なこと

申請を行なう

申請をする時の注意

相続放棄を行なう時は、家庭裁判所に相続放棄の申請手続きを行わなければいけません。基本的に相続放棄の手続を行う時は、被相続人である故人が亡くなった時の住所地に指定されている家庭裁判所で行わなければいけません。
どこで申請しても良いというわけではありませんので、注意しましょう。
相続手続きを行なうためには、複数の書類を事前に準備しなければいけません。準備しなければいけない書類の特徴をしっかりと把握しましょう。

申請時に必要な書類

相続放棄手続きを行なう時に必要なのが、放棄の申述書と添付書類、申述人の戸籍謄本が必要になります。
申述書相続する採算や負債の内容を細かく記載しなければいけませんので、不備がないかどうかしっかりと確認をしましょう。
添付書類として必要なのが、故人が死亡した証拠が記載されている戸籍謄本と住民票あるいは戸籍附票が必要になります。
申述人の戸籍謄本は、市役所などで受け取ることができるのですが、抄本と間違えてしまうこともありますので、取得時はしっかりとチェックしなければいけません。
代襲相続人や高順位相続人が手続きを行う場合は、他に戸籍を準備しなければいけませんので、気をつけなければいけません。
相続放棄の手続きを行なうために準備しなければいけない書類はたくさんあるので、余裕を持って早めに準備を進めることが大切です。
ギリギリになって準備を始めてしまうと、書類不足などで承認されなかった時に焦ってしまいますので、時間にゆとりをもって早めに用意しましょう。