相続をしない権利 | 法律のプロフェッショナルである弁護士を依頼する時に必要なこと

相続をしない権利

相続を拒否する

故人が亡くなった後に親族間で行われるのが遺産相続です。故人が残した遺産は、法律で決められた配分を受け取ることができるシステムなのですが、場合によっては相続放棄を選ぶことができます。
相続放棄の手続きを選ぶ場合として多いのが、故人が借金を残し、資産よりも借金が多くなってしまったために遺族が負担をしなければならなくなってしまう時や、故人が借金の保証人になってしまい、たくさんの金額を遺族が負担しなければならなくなってしまった時に選ぶことができます。
遺産放棄の手続きが受理されることによって、故人が残した借金を相続することが無くなりますので、遺族への負担が解消されます。

放棄をする時の注意点

故人が残した負債を残さないために存在している相続放棄の手続きですが、相続放棄の手続きを行う人物がだれなのか、しっかりと確認しなければいけません。
相続放棄の手続きは、基本的に相続人の権利がある人達の間で行われます。遺産相続をする権利がある人が複数名いる場合は、相続人1人ずつ手続きを行なうことができます。
遺産相続を放棄する時は、自分だけで勝手に手続きを進めることができませんので、必ず相続人全員で集まり、お互いに納得することが大切です。
相続放棄は法律によって権利取得後3ヶ月以内に行わなければいけませんので、早めに手続を進めなければいけません。
また、相続放棄をする時は、自分の次に権利が渡る人物への連絡をしっかりと行わなければいけません。
2番目に権利がある人に知らせないまま行ってしまいますと、知らない間に負債を押し付けてしまうことになるので、トラブルに巻き込まれてしまいます。
必ず次に相続をする権利がある人にしっかりと伝えなければいけません。